保険を見直して負担を軽減させましょう

必要保障額に応じて保険見直し

保険に加入する時には、必要保障額に基づいて契約内容を決めるのが一般的です。必要保障額は、加入者に万が一のことがあっても、近親者が生活を維持できる金額です。
そのため、生活状況や家族構成が変わり責任の重さが増したら、保険の見直しをしなければいけません。例えば結婚や出産などで家族が増える、住宅の取得、子供の進学などの場合には保障額を上げますし、保障内容も充実させます。

 

逆に子供が独立するなど、同じ生計で暮らしている家族が減ったら、保障額を下げても良いでしょう。このように本来は生活状況によって見直しをすべき保険なのですが、加入時の内容のままという人も少なくないようです。
加入している保険の保障額が不十分ですと、いざという時に大切な家族が大変な思いをすることになります。それまでと同等の生活ができるようにするのが理想的です。

 

また、責任が軽くなれば、同じ保障で保険に加入し続ける必要がない場合もあります。保険の見直しをして保険料を減らし、老後の支出を抑えることもできます。

 

保険の見直しの手続きに際して手数料が発生する場合もあるため、損だと考える人もいるようです。また保険の見直しに関する手続きが面倒で、そのままにしてしまうケースも多いようです。
しかし、保険は安心して生活をするためのものなので、長期的な視点で考えなければいけません。手数料や保険料の増加で一時的には出費があるかもしれませんが、しっかりと見直しをしていけば、トータルでは得をすることになるはずです。

 

保険の無駄あるいは不足を避けるためにも、ライフスタイルに合わせて定期的に見直しをしていきましょう。

 



アドセンス広告